ジャイロ アップ メンテナンス 修理

整備日誌    公開日:2014/02/17

寒い日が続いてます。雪が積もったり・交通が麻痺したり そんな先週末 1台のバイクが入庫致しました。

1993年式 ジャイロアップ 3輪バイクです 積載が得意なバイク 入庫の内容は・・・なんと

ブレーキワイヤが切れたmmm 

中古車で、2年前 ヤフオクで整備済み車を買ったとのこと

最近ヤフオクや個人売買で購入されたバイクの修理や点検依頼が多いです

P1050054

まづ、手始めに 原因のフロントブレーキワイヤの取り外し おー切れてます。

P1050057

 

1993年から切れるまで交換されなかったのでしょうね 錆びてもろくなって切れてました あー危ない危ない

なんせ止まらないのはマジで一番危険です

つづいてリヤブレーキ

P1050056

分岐点 左右にブレーキを分配するポイントです 後ろも切れかけ

ゴムブーツがちぎれておりました

P1050055

新品部品 構造が少し複雑ですが、リヤは2ピース構造になってます

お次は・・・ベルト周りの点検

P1050042 - コピー

ジャッキアップして、後ろタイヤ 左右 を 分解 カバーを外して

P1050047

分解して、状況判断、クラッチ が 残数無し

P1050050

新品がこれです

P1050041

変速機 ベルト・ローラー周り です。 ご覧の通り摩耗が・・・

P1050052

下回り デフオイル の 交換 なんか、自動車触ってるみたいです 交換するもの交換していよいよ完成に

 

 

 

✩バイクも車もモノを所有するには言える点だと思いますが、メンテナンスすればまた復活する

今回のジャイロ おそらく今ままでノーメンテだったと思います

今回の修理で消耗した部品交換 ブレーキ周り交換 その他色々させていただきましたが

ここまで痛んでるバイクも久しぶりでした その分修理のしがいはありました。

 

ブレーキは切れてましたが 駆動系を見直ししてベルトが切れる前に交換してまた走れるように 復活してよかったなと思います

 

大事にして欲しいものです!!

 

P1050053

珍しい屋根付き

 

P1050058

後ろには 新型 ダンク が・・・似ているような気がwww

 

 

 

関連記事